So-net無料ブログ作成
検索選択

ドコモ光はフレッツ光をそのまま利用するので手間要らず [雑談]

スポンサードリンク




docomo2.png
2015年3に月サービス開始となったドコモ光のおトクな料金プランとは!!

携帯電話の料金プランは非常に分かり難いです。

シュミレーションはこちら>>


ドコモ光

そこで、噛み砕いて解説します。

ドコモ光とは、NTT西日本・NTT東日本からdocomoがNTTフレッツ光
を借り受けて再販売する事を言います。

したがって、回線自体は従来のNTTフレッツ光
(西日本)(東日本)・となります。

基本的に回線速度は1GBでの提供となりますので、(ハヤブサ)隼利用中の方の場合、訪問工事は一切ありません、良品のお支払いをドコモヘまとめるだけ。

一部のプロバイダー以外、料金の支払先が変わるくらいでなのでご安心ください。

オプションは従来通りNTT西・東から請求が来ます。

ここからは、西日本を参考にお話します。

すでにNTTフレッツ光
を利用中の方は、そのまま契約変更するだけで毎月の利用料金が安くなります。

◆一つ目の割り引き

プランは3つとなり、タイプA・タイプB・単独タイプ。プロバイダーによってかわります。

AとBの違いはお客様が現在お使いのプロバーダーがどちらのグループに属しているかという違いです。

タイプAとは光ファイバー利用料金とプロバイダーがセットで(戸建)5,200円・(集合住宅)4,000円

タイプAプロバイダー(Plala・So-net・ビッグローブ・ハイホー・ANDLINE・DTI・BBエキサイト・エディオンネット・U,Pa・SYNAPSE・楽天・01光コアラ・ドコモネット)

タイプBは光ファイバー利用料金とプロバイダーがセットで(戸建)5,400円・(集合住宅)4,200円

タイプBプロバイダー(アサヒネット・ニフティー・TCOM・TNC・OCN)

上記以外のプロバイダーを継続したい場合、単独プラン5,000円+プロバイダー料金

NTT西日本のフレッツ光利用料金(割り引き無しの場合)=5400円

プロバイダー(OCNおまかせパック)=1,800円

結果⇒現在の自宅固定料金は5,400円+1,800円=7,200円となります。

ドコモ光へ変更すると光ファイバー利用料金とプロバイダーがセットで5,200円(Plala)の料金になるのでトッテモおトクです。

これで、固定回線が今より安くなるのがおわかりですよね!

◆二つ目の割り引き

さらに、ドコモ携帯料金が割引されます!

◆家族向けシェアパック

シェアパック10(10GB)利用中の方は、9,500円から毎月1,200円引き(永年割引)

シェアパック15(15GB)利用中の方は、12,500円から毎月1,800円引き(永年割引)

シェアパック20(20GB)利用中の方は、16,000円から毎月2,500円引き(永年割引)

シェアパック30(30GB)利用中の方は、22,500円から毎月3,200円引き(永年割引)

◆スマホデータプラン

データS(2GB)パック利用中の方は、3,500円から毎月500円引き(12ヶ月間)

データM(5GB)パック利用中の方は、5,000円から毎月800円引き(永年割引)

データL(8GB)パック利用中の方は、6,700円から毎月1,000円引き(永年割引)

ガラケーの人は、毎月500円引き(12ヶ月間)

スマホ利用中の場合、

基本料金2,700円+SPモード(ネット接続料)300円+データMパック(例)5,000円=8,000円

ここから、800円永年割引なので月額7,200円でスマホ電話かけ放題+ネット5GBとなります!?

ん!携帯、チョット高いんじゃ?!と、思った方もいるのでは!

データプランではパケット(5GB)をスマホ&タブレットで分け合うことができるので、スマホ+タブレットならこうなります。

スマホ基本料2,700円+SPモード300円+データM(5GB)5,000円-割引800円=7,200円

タブレット基本料金(iPadも可)1,700円+SPモード300円+シェアオプション500円=2,500円

光スマホ割(ドコモ光と携帯乗り換えMNP・新規)を適用した場合、自宅のインターネット(タイプA)5,200円+スマホ、Mの場合(5GB)基本込み7,200円-1,350円+タブレット2,150円=13,200円となります。

従来のまま使い続ける⇒フレッツ5,400円+OCN1,800円+スマホ5GB基本込み8,000円+タブレット新料金プラン2,500円=17,700円となります。

結果、ドコモ光にする事で13,200円で収まりますので毎月4,500円のおトク!

◆三つ目の割り引き

ドコモ光へお申込みと同時に、他社から乗り換えするとスマホ1台につき1,350円割引(12ヶ月間)

タブレットなら1台につき、350円割引(12ヶ月間)が受けられます。

シュミレーションはこちら>>

◆さらに、25歳以下なら・・

U25応援割引(26歳の誕生日まで)毎月500円引きと、

ドコモ光お申込みでシェアパックご利用の方なら学生さんも更に1,350円引き(新規・MNP契約)25歳以下の場合、光スマホ割ではなく、応援特割(1,350円割引)が適用で月々、計1850円割引です。!!

つまり、学生さんのスマホ料金は基本料金2,700円+SP300円+シェアオプション500円-学割500円-応援特割り(-1,350円)=月々1,650円でスマホが使えます!!

フレッツ光利用中の場合、ドコモ光へ変更すると子供のスマホが1,650円でiPhone6が持てるるんです!

もちろん、端末代金は0円っす。

応援特割は1年だけの適用ですが、その後は3,000円です。2年目からは3,000円となります。

家族ならどうでしょうか!!※シェアパックをご利用の場合です。

主契約の自宅ネット=5,200円

主契約者のスマホ料金⇒基本料金2,700円+SP300円+シェアパック10(パケット10GBを家族全員で分けて使います)9,500円-1,200円(光パック割り引き)=11,300円(携帯乗換えなら更に1,350円割引で9,950円に)

奥様のスマホ料金⇒基本料金2,700円+SP300円+シェアオプション500円(主人のパケットを分けてもらいます)=3,500円(携帯乗換えなら更に1,350円割引で2,150円に)

子供のスマホ料金⇒基本料金2,700円+SP300円+シェアオプション500円-学割500円(26歳の誕生日まで適用)=3,000円(携帯乗換えなら更に1,350円割引で1,650円に)

2代目以降は月額3,500円!ソフバン、auのように2年後バコ~ンと上がる様な事はありません。

タブレット利用⇒基本料金1,700円+SP300円+シェアオプション500円=2,500円(新規なら更に350円割引で2,150円に)

家族全員、携帯乗換えで計算すると⇒主人9,950円+奥様2,150円+子供1,650円+タブレット2,150円=家族全員で15,900円!!

◆まだあります!!

更に、長期割引、最大で毎月2,000円引きが適用

◆ドコモ光と一緒にスマホ乗り換えMNP又は、新規お申込みでスマホ1台につき1,350円割引(12ヶ月間)が適用という意味です。
◆ドコモ光と一緒にタブレット購入なら、350円(12ヶ月間)割引が適用になります。

つまり、フレッツ光利用のご家庭で、家族2人以上がドコモ携帯利用なら、 とっても、おトク、になるんです!!

ドコモ光も取り扱い中!光コラボレーション


MNPの場合はこちらで紹介しています。>>
料金比較をするとソフトバンク光、au光は3年目から非常に高くなってしまいますね。光のTVサービスが5年契約なので高くなったあと、解約金が残り切り替えが出来難くなってしまいます。

コミュファの場合、違約金が7万近くあるので安い部分だけに目を向けず、違約金を確認しておきましょう。

ちなみに、コミュファTVは地デジ・BSのみ対応(帯域不足でCS不可)フレッツTVは地デジ・BS・CS・4K対応です。噂では近々5G(ギガ)の提供も!!?

ひかりTV


シュミレーションはこちら>>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。